クレジットカード現金化をメリットとする考え方

クレジットカード現金化をメリットとする考え方

クレジットカード現金化と検索しますと、注意してくださいと喚起している比較サイトや、サービスを絶賛している比較サイト、業者のページやAmazonギフト券現金化のリスティングに換金市場のページなどど・・・入り乱れていますね。

 

当サイトでは、違法性について論議されている意見もありますが、最近強盗が入ったクレジットカード現金化業者の事件が有りましたが、その中で強盗犯は逮捕されたものの、今現在も堂々と実店舗、ネット上で営業している事を確認しておりますので、違法だとするならばその時点でまとめて逮捕する都合の良いキッカケだったはずですが、「業者は逮捕されなかった」という既成事実があります。

 

この事件はテレビのニュースでも報じられたのですが、まさかクレジットカード現金化業者に強盗が入って店員は逮捕されなかったと言う事で、報道側も都合が悪いと感じたのでしょうか?クレジットカード現金化業者とは表記せずに、「金券ショップ」と報道していました。

 

しかし、映像にはハッキリとクレジットカード現金化の文字が・・・(笑)テレビの情報操作って21世紀に入ってからもあるんだな、とつくづく感じた出来事でした。

 

・・・ということで、違法で無いからこそ中立的な考えを持って良い事も悪い事も有ると感じるこの換金方法ですが、基本的にこのサービスをオススメする事は無いのですが、乱立する情報を精査していただくために、よくあるメリットについて下記にまとめました。

  • 信用情報機関への照会は無い
  • 現在借入しているとしても、関係なく換金が出来るとされています。

     

  • 在籍確認は無い
  • 貸金業者特有のあの電話が来ませんので、同僚や上司、部下にバレる事はありません。

     

  • 取引は合法的に行われている
  • これは注意していただきたいのですが、業者が取り入れいている取引内容に依るそうです。

     

  • 業者が逮捕されるコトはあっても利用者はこれまで逮捕されていない
  • なぜかいつも業者だけであり、同意の上で換金した利用者については話題がありません。

利用する分には手数料を飲めば問題無さそうな感じもありますが、これはあくまで利用した金額をしっかり支払えるコトが前提でのメリットであり、換金して支払いが出来ませんでした〜では、立派なブラックリストへの仲間入りです。

 

しかも、その請求が無くなることはありませんし、延滞した上に割賦払いを選択しているとしても、会員規約を守れていないのですが容赦なく一括払いでの返済、並びに利用停止処分も覚悟してください。