Amazonギフト券のクレジットカード現金化

Amazonギフト券のクレジットカード現金化

昔から換金して現金を用立てる事は珍しい事では無く、江戸時代より誕生した質屋さんでは家財道具のあらゆるものが担保にして消費者は小判を得ていたようです。

 

時は変わり、今でも質屋さんは営業されている歴史ある民間サービスですし、形態を変化させてクレジットカード現金化なるものまで出回る事になりました。

 

当時まだ規制が緩かった時代、インターネットが無く皆公衆電話に並んで電話していたような状況ですが、クレジットカードという概念が日本に入ってきた事により、新幹線の回数券やオレンジカード、ハイウェイカードなど、今は見る事が無くなったタイプの商品券・ギフト券類が換金できるターゲットとしてひそかに取引されていました。

 

それは現代、2015年になってAmazonギフト券が代表的媒介物として認知されるようになったのは、社会情勢や世の中の動向に合わせて運営スタイルを変えているクレジットカード現金化業者の営業努力がどこか感じられます。

 

少なくとも右から左へ受け流すような産業ですから、広告代理店やその他仲介業、貸金業者のようにマージンでご飯を食べている産業に、将来はありません。

 

しかも、あらゆる詐欺の資金決済手段として用いられており、クレジットカード現金化と関係ないところでも問題視されている状況は、各団体・メディアで取り上げられるほどの"社会問題"に発展しています。

 

この背景を後押ししているのが換金を仲介する市場の存在です。

 

誕生はほんの2、3年の話であり、当初は買取を専業としていましたが、次第にAmazonからの注意が入るなど日に日に目立つ存在となり、マーケッターとしての新しい地位を築き上げました。

 

後を追う様にクレジットカード現金化業者の一味が仕組みを真似して数が増えていき、他にもトレーディングカードゲームの売買やyahooオークションで売買していたような法人格を持つ業者が新規参入するなど、市場だけでも時の経過とともに増加傾向にあります。

 

流行る要因と致しましては、Amazonギフト券現金化で逮捕された前例が0件と言う事、トラブルの所在が販売元であるAmazonで対応されることになるため、業者は横流ししているだけでトラブルは知らんふりをする事が出来るから、と当サイトでは推測しています。

 

こうした市場は、表向きは健全な企業であると見せかけておりますが、古物商許可番号から代表者について調べますと、沢山の情報が出てきます。

 

商品が変わってもクレジットカード現金化で有り、背景は色々と有りますので興味本位で利用する事は辞めましょう。