買取式クレジットカード現金化には十分にご注意を

買取式クレジットカード現金化には十分にご注意を

買取式クレジットカード現金化には十分にご注意していただく必要が有りますが、もし普段からこの形式で換金されている方もこれから利用を検討していた方も要チェックな内容です。

 

商品を買取、買取したものを売り捌くことについては、古物商許可証という公安委員会が発行する許可を得る必要が有り、これ無しには古物業を営むことは出来ないとされ、古物営業法という法律に違反することになります。

 

特に、この業種は各都道府県の公安委員会で管轄されていますので、こうした商売自体がコンビニのようにあちらこちらで営業しているワケではありませんから、地域に根付いた形で業界内のでの強い繋がりが有るようで、定期的に講習会や組合を作っているようです。

 

さらに、その地域でのボス的な存在の古物商もおり、そのように認められている業者は台帳の販売をする事も許されているようです。

 

様々な周りの目がこのように有る中で、クレジットカード現金化の取引方法として古物営業を取り入れているとされる業者は、無店舗・実店舗に関わらず用いられているようですが、肝心の許可番号を掲載している業者は全てでは無い事が確認出来ます。

 

特に実店舗型は許可番号の記載をする傾向にありますが、無店舗で特化している業者は問合せ上では買取の手続きをするものと言いましても、番号の記載が無かったり、ネットに特化して営業する為に必要なURLの申請も行っていないのか、公式ページにおける検索結果項目では該当なしと出る事が多々あります。

 

おそらく、許可番号を取得しただけでそれに伴う所定手続きをサボっているのか、もしくは申請したくない事由がある、これのどちらか、もしくはどちらも該当するから行わない事が推測されます。

 

WEB上で許可番号を掲載すると言う事は、番号はあくまで一営業所に対して一つ発行されますので、掲載する事によって業者の詳細を調べる事が出来るのですが、一つの許可番号を使い回し、Amazonギフト券の買取や市場を開く業者も存在し、恐らくは古物営業法に抵触している恐れが非常に高いと感じます。

 

買取を行う業者が適切に処理をしていなければ、もちろん振込が無かったとすればその追求をする事は出来ませんし、業者の意図的な掲載をしないという選択肢の裏側を予測しますと疾しい事があるのではないかと疑念が止まる事はありません。

 

それが何かは分かるモノでは有りませんが、買取の仕組みなのに古物営業に関する記載事項が無い業者につきましては、違法業者である可能性について危惧されるコトは間違いありません。