クレジットカード現金化予防策〜努力が未来を変える〜

クレジットカード現金化予防策〜努力が未来を変える〜

利用者の多くは収支バランスが崩壊している方では無いでしょうか?特に上手くお金が回っていれば縁も縁もない業者に依頼する事など、誰も居るはずがありません。

 

それでも換金を求めている方にとって駆け込み寺的な要素を秘めているのでしょうか?特に「鉄は熱いうちに打て」では有りませんが、利用に対して前向きに検討している者にとって、すぐに完結できる仕組みはまさに涎もの。

 

すぐに工面したいという欲求がサービスに対する需要を育んでしまっている影響でしょう・・・。

 

しかし、改正貸金業法の最終施行内容である、"総量規制"後の業界再編の動きにより、金融機関傘下に収まった消費者金融たちは銀行の看板を持って宣伝をしており、総量規制の影響を受けないとしてASP業者を利用しながら直に宣伝できない内容を第三者に委託しています。

 

過剰な売り文句はこうして生まれ利用者を集めているのですが、何も知らない利用検討者はこうした情報を拾い集め、その中からでしか知識の収集が出来ないとなりますと、自己防衛するためには発信者になるくらいの知識を自ら学ぶ必要があります。

 

WEBサービスの多くが知りたい情報を知る為に検索するのですが、それを発信する側も同じ人間です。

 

簡単で便利なWEBの世界も、無料で利用できるコトの弱点と言いますか、いつも金のダシに使われるのは消費者であるコトを理解してください。

 

求める事を辞めると、出費をしなくて済みます…欲求こそが全ての元凶として考えますと、気も引き締まる思いで毎日を過ごす事が出来るのではないでしょうか?いくつか日常生活で削減できるシーンをご紹介しましょう。


家賃を見直す

自宅ですからお金を掛けたい・・・これが先ほどの元凶です。

 

家賃を現在よりも下げて、更新月に負担する金額を考えますと2万円近く下げる事が出来れば可処分所得が大幅に上がります。

ネットを辞める

携帯電話でネットをする事を辞めましょう。

 

私自身も実践しており、月々の支払額は2000円程度ですよ!目にも良くないし人が作り出したコンテンツに群がってもその人たちの利益にしかなりません・・・利己的に考えると要らないです。


このように、共通して言えるのは毎月必ず発生する固定費を低くする事で余裕を生み出すことが出来ます。

 

人によってはそれが我慢・ストレスとして感じるかもしれませんが、お金に困っているくせに何を言っているんだと思いますが。