クレジットカード現金化後は…何を考えていますか?

クレジットカード現金化、その後は…何を考えていますか?

消費者庁も日本クレジットカード協会もクレジットカード現金化は利用しないでね、と主張しています。

 

そんな中で換金を希望している方は、少なからずこの行為についてある程度のリスクを見込んでいるのではないでしょうか?そもそも頼れるところが無いからクレジットカード現金化を選ばざるを得ないというのが実情でしょう。

 

しかしクレジットカード現金化を直接規制した内容の法律は存在していないことはあまり知られておらず、違法というキーワードが併せて検索されているようですが、確かに換金の仕組みを悪用した出資法違反での事件は過去にありました。

キャッシュバック式

日本で初めて逮捕された経営者が採用していた換金方式ですが、商品を購入者が選ぶ余地が無かったことと価値の無い商品を購入させていた事が手口として紹介されていました。

買取式

古物商許可を得ている業者、貸金業営業許可を受けた業者が逮捕された事件では、同様に商品の選択の余地は無く、その場で買取を行い、正規業者であれば行っているであろう査定が行っていなかったという手口でありました。

どちらも主流の換金方法ですが、違法性を問われる仕組みは換金方法のプロセスが合法であるか否かがポイントになっており、現在営業を続けられているという背景には裏があるのです。

 

しかしそれを立証するためには実際に申し込みをして体験するしかなく、大抵の店員は詳細を話すことは方針上で制限されているようです。

 

それでも比較サイトで掲載されているクレジットカード現金化業者は、換金率等は度外視して単純に違法性について考えた時にはクリアされているということでしょう。

 

保証するものはありませんが、比較サイト運営者も換金方法についてある程度の知識があるでしょうし、あまりにも評判が悪い業者を掲載することはサイト自体も叩かれて当然であり、実際に悪い評判を受ける業者の多くが圏外に位置付けられています。

 

それでも元々引き出すことのできない与信枠でどうにかなるのであれば、願っても無い話でしょう。

 

もちろん無知ながら自分自身で換金を試みる事で利用停止になる位であれば、業者へ申し込みをした方がリスクを減らせるという印象は少なからずあります。

心構えが必要とされるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、キャッシュバック方式や買取方式など大きくは2つの方法が有るとされています。

 

他にもニッチなところではキャンセル式と言う名の仕組みも有りますが、いずれにしてもお金を手にした後は必ず請求明細に従って返済しなければなりません。

 

ただ、返済は換金を仲介した業者に対してでは無くクレジットカード会社が相手なるので、無理な取り立てや違法な取り立てなどは存在しないものと考えて間違いは無いでしょう。

 

しかし、当然それ相応の請求の催促はされるコトになりますので、踏み倒す気で換金する位なら自己破産をオススメします。

 

クレジットカード現金化の前に支払方法を知っておく

 

支払方法には3通りが考えられ、一括払い・リボ払い・分割払いです。

 

一括払いは、一番よく利用する方法で、次の支払日にまとめて支払いを行うもので、発行元に対する金利や手数料も0%で利用できますので、最もこちらを選択する事を最優先に物事を考えてください。

 

割賦払いを選択する事は発行元に対して利益を与える事ですので、何かとポイント優遇キャンペーンなどで利用を促しているプロモーションが有りますが、そんなことに騙されてはいけません!逆手にとって利点を得る事に執着すればいいのですから、支払時期を一か月以上延ばせることを一番の利点として考えてください。

 

分割払いは支払回数を指定でき、2回払いはお店次第の対応ですが手数料が無料です。

 

支払回数が一定数を数えますと金利が高く、支払う利息が増えるデメリットがありますが、一方で同じ割賦払いに属するリボ払いは、毎月一定額の支払いを続ける方法です。

 

利用額の多い少ないに関わらず、毎月の支払額が一定のため、負担が少ない返済方法とされています・・・が、金利が高く支払回数を重ねる原因となります。

 

これらの返済方法を駆使して、クレジットカード現金化の後も支払いを乗り切っていきましょう。

 

クレジットカード現金化で利用されるのはどの支払方法?

 

クレジットカード現金化は銀行営業日であれば、審査も不要で簡単に入金され、速いところでは5分以内に入金と謳うところもあります。

 

しかし、多くは10分から1時間といった形で必ず条件付です。

 

条件付の理由は、お手持ちの銀行口座がネット銀行か従来の都銀、地銀であるかによって営業時間に違いからですが、ネット銀行を持っていると、即時対応で受け付ける業者もあるようです。

 

支払い方法は各々の状況から判断をする事になりますので、一概には言えないでしょう。

 

割賦払いを選択したとしましても、逆に先にまとまったお金が入ることが分かっているなら繰り上げ返済をしてください。

 

お金が出来たら使わないうちに繰り上げをするのが、節制の基本ですからね。

 

気になるクレジットカード現金化の平均利用金額は?

 

クレジットカード現金化で利用する金額も様々で、用途やショッピング枠の残高に左右されます。

 

10万円程度なら家賃の支払い、結婚式のご祝儀が想像できますよね?現金が必要な場合によく悩む金額です。

 

いずれにしてもクレジットカード現金化をする事で避けられない支払期日について考えますと、正規の貸金業者を利用する方が真っ当な考え方であることは明らかではないでしょうか?支払いを終える事が最終目標として利用しましょう。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化の前に、お金を借りた後の返済方法を知っておきましょう。

 

支払い方法の甲乙は誰もが指図するものでは有りませんので、金利や手数料を節約しながら毎月支払える金額を返済していきます。

昨今、貧困層をターゲットにした『貧困ビジネス』が問題視されています。

 

貧困ビジネスとは、経済的に困っている貧困層・社会的に弱い立場にいる人々に向けたビジネスのことを指し、その問題点として、社会的に弱い立場にある人たちを支えることを謳いながら、その人々を食い物にして貧困に留めておく仕組みであるということです。

 

今最も問題視されているのが、ホームレスに生活保護を受けさせ用意した宿泊施設に囲い、生活保護費のほとんどを施設の料金として巻き上げるというビジネスです。

 

生活保護は弱者の自立支援を助けるものであるはずが、お金だけを巻き上げて自立できないよう貧困に留めておくことに利用されてしまっています。

 

この貧困層を食い物にする貧困ビジネスは、様々な方法で手段が巧妙化し、問題が拡大しています。

 

クレジットカード現金化も貧困ビジネスの1つと言えるでしょう。

 

本来であれば買い物専用の枠であるショッピング枠を現金に換えるクレジットカード現金化ですが、貧困層がクレジットカード現金化を利用するとなると、更に貧困を招くきっかけになってしまいます。

 

たとえ消費者金融からお金を借りることができなくても、クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠さえあれば、審査もなく手軽に現金が手に入ります。

 

しかし、業者がとる手数料は金利に換算すると消費者金融の何倍という金額になってしまいます。

 

また手軽に現金が手に入る気安さから、必要以上に利用してしまうことが考えられます。

 

本来であればクレジットカードで買えるものを、クレジットカード現金化して現金で支払ってしまう人もいるくらいです。

 

最近ではクレジットカード現金化業者の中に、ヤミ金と一緒になった悪徳業者がいます。

 

貧困層にヤミ金を利用させ、返せないようになるとクレジットカードを作らせてクレジットカード現金化を利用させるという仕組みで弱者からお金を搾取しているのです。

 

日本は今、格差社会の一途をたどっています。その中で、貧困ビジネスは更に拡大していくことが予想されます。

 

現段階ではクレジットカード現金化業者の悪徳業者はまだそこまで多くはありませんが、この貧困ビジネスに便乗して悪徳業者の数が増えればクレジットカード現金化事態もより悪質なものに変容していくかもしれません。

 

本当に貧困から脱却するには、このような話には乗らず、自分の力でなんとかしようとする意志が必要なのです。

森のギフト
森のギフト Amazonギフト券の現金買取専門店老舗を自ら名乗っておりますが、老舗とは昔から長く続いていて信用があるお店の事を言いますが、Amazonギフト券を用いたクレジットカード現金化の歴史自体が数年であり、しかも当サイトで把握している限りこちらより長く営業している業者は数多くありました。サイトは複数のドメインを所有し、見た目に気を使っているようですが、SEO対策に気を使っているのかブログ形式で運営しています。信用の重要な要素と言える古物営業許可は得ていないようで、老舗の言葉に矛盾を感じざるを得ないのではないでしょうか。
買取率 電話番号 営業時間
94% 0120213355 9:00-21:00
会社名(商号) 森のギフト
住所

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2丁目12-5

事業内容

チケット・金券類の売買
ブランド品(バッグ・時計・宝飾品等)・古着・電化製品(パソコン・デジカメ等)・携帯電話の新品・中古の売買
質屋業

古物営業許可番号 無し

森のギフト.biz(森のギフト)の評価を見る限り印象は良くない

リンク先のコメントを見る限りではサイトの見た目とは裏腹の対応である様子を見る事ができ、比較サイトでプッシュされているような事があれば広告報酬を支払う形で掲載している事が考察されます。

 

このAmazonギフト券Eメールタイプがクレジットカード現金化に用いられ始めたキッカケは、現在のamatenの前身企業が買取業務を行っていたことによるもので、その企業が仲介業を始めたことからクレジットカード現金化業者も買取という体裁でこれまでと異なるマネタイズが可能になったことが大きいとされています。

 

老舗という事ですが公式サイトのドメイン取得年月日は2014年06月19日ですから、これを老舗として名乗ることは比較検討者の目にどのように映るのかは明白です。

多くの友人から借金をしていた大学生Aさんが借金を返そうとした時の体験談です。

 

カラオケや飲みなどで予算をオーバーしてしまった時など、よく友人にお金を立て替えてもらっていました。

 

最初のうちはお互い足りない時は貸したり借りたりといった感じでやっていたのですが、気付けば借りることのほうが多くなっていて、計算してみると4人の友人から合計で10万近くを借りていることがわかりました。

 

これは友人関係にひびが入る前に一旦清算しなくてはならないと思いました。

 

かといってバイトを入れ過ぎて遊びにいけず、疎遠になっていくのも嫌だったので、とりあえず今何とかできる方法はないかとネットでなにか良い返済の仕方はないかと検索をしてみました。

 

消費者金融からキャッシングでカードローンを組むというのがまず候補に挙がったのですが、デメリットとして金融情報に暫く借金をした履歴が残る点が気になりました。

 

将来的に賃貸の家に住むよりは、出張などがない規模の中小企業に入って、前金が貯まったら家を住宅ローンで購入したいと考えていたので、その時審査に通らないことを心配しました。そのような理由でカードローンには手を出しませんでした。

 

次に目がいったのはクレジットカード現金化でした。

 

クレジットカード現金化の比較サイト

 

審査が不要でネットから手続きができて、審査に通れば数分のやり取りで即入金されるシステムが楽だと思ったので、ショッピング枠を利用しての借金になるので、金融情報にも履歴が残らずに済む為、今月中になんとか問題を解決したいと思っていた私はこれを利用することにしました。

 

換金率88%と書かれていたので、12万円をクレジットカードで分割返済することにして、10万円の現金を手にするはずでした。
しかし、通帳を記載してみると実際に支払われた額は6万円だけであることがわかりました。

 

騙されたと思いその会社に問い合わせをしたのですが、最高換金率が88%という形で取引を行っていることや、12万円の場合の換金率は50%になるという説明を受け、取引は完了しているので問題がないという事を言われました。

 

問題大有りでした。

 

10万円の友人への借金をこれでは返すことができませんし、更に12万円の借金を負った形になってしまいました。

 

後日、警察に被害届を出しにいったのですが、クレジットカード現金化を行ったことについて指摘されてしまい、何もできずに帰ってきてしまいました。

 

警察からは詐欺と断定することができず、立件が難しいことも説明されました。

 

クレジットカード現金化には手を出さないほうがいいと思います。

 

とのことでした。実際に被害に遭われてしまう方もいるクレジットカード現金化の利用はやめたほうが良いと言えますね。

クレジットカード現金化業者を幾つか閲覧してみると、一見では分かりにくいのですが、実は他社と瓜二つ、パクっていると思われる内容や、ところどころPR文に独自性を記述している事があります。

 

表題のように、例えば女性専用申込みフォーム、法人専用申込みフォーム、即日プランや1weekプランなど、様々な利用条件を用意しているとするお店も有りますので、もし女性であればこのように明らかに優遇してくれそうなところの方が興味を引くと思います。

 

しかしこれが盲点なんです。

 

ショッピング枠は男女差別無く与えられているものであり、商品購入時に男の人だから割引します〜、女の人だから割引します〜、というようなコトは有りませんよね?つまり、男女の性別の違いによって変わる取引内容では無いので、こうした業者は換金率を下げる為の言い訳として利用している可能性を疑う事を当サイトではオススメします。

 

女性専用プランに特化しているお店に、良さそうだからと男性が申込みをすると、「男性なので換金率は●●%」になります、などのように元々女性相手にしか換金していないという前置きが有りますので、男性客に対しては接客対応を強く出来る、と考える事が出来ます。

 

そんな中でも法人名義のクレジットカードを利用する際には、なぜか法人だけ「プレミアムプラン」と称して専用フォームが設けられている業者も有ります。

 

これについて考察しますと、個人よりも法人の方が経費の支払いを加味すること、業績などの観点から、比較的上限金額が高く設定されている傾向に有るからです。

 

法人名義であれば、金額の大小に関わらずプレミアムな扱い・・・おそらく換金した決済金額を経費計上することにより、節税にもなると謳っているようで、当然そのような使い方であれば一回や二回の利用では済まないでしょうし、法人は金融機関からの借り入れも難しいですから、個人の換金について問題視されていますが、以外にも法人名義でクレジットカード現金化をしている人も0人ではないでしょう。

 

これら全て一例に過ぎないのですが、他にもAmazonギフト券を買取するプランと従来の買取方法で換金をしている業者もあるなど、全てが同じ仕組みでクレジットカード現金化がなされているわけでは無いという事がうかがえます。

 

どうせ利用するのであれば、こうした紛らわしい戦略を企てている業者よりも、誰にでも良い条件でサービス展開しているところの方がよっぽど親切ではないでしょうか。

検索結果の表示の仕組みについては、今現在一人一台は所有している情報通信端末の普及によって周知されつつあると思います。

検索エンジンの大手としては、世界シェアにおいてもgoogleとyahooの二強となっており、いずれにしても検索結果最上部にお金を払うと意図的に表示する事が出来る広告枠が設定されています。

これは普段皆様が無料で利用できている背景として、広告枠を販売する事によってそれぞれの会社が収益を上げて運営されておりますので、一切の広告表示がされずに検索できることは、ボランティアや国が運営しているワケでは有りませんので不可能です。

しかし、誰もが掲載できる仕組みということでも無く、入札制度によって公平な機会が与えられているという設定ですが、単純に単価を吊り上げることも出来ますので結局のところ資金勝負となっています。

露出された際には、利用者に見てもらおうとあの手この手でタイトルや説明文を試行錯誤しています。

クレジットカード現金化関連における広告表示につきましては、まだ逮捕者の前例が無く規制の及んでいない「Amazonギフト券現金化」さらには貸金業者への申込みを促すアフィリエイターが出稿していることが確認されます。

どちらも掲載に関わる費用を支払ってでも黒字に転化する事が出来るから掲載しているのであって、掲載する事で赤字になるのであれば掲載するはずもありません。

その為、いかに利用者を誘導させるかに尽力している様子を想像しますと、むしろ我々消費者はこうした広告に騙されることなくスルーする必要があります。

特にこの広告枠は今でこそ、広告であるという周知がされていますが、一昔前まではその枠さえも検索結果であるかのように認識していた方が多かったはずです。

それでは、甘いタイトルの実例を幾つか下記にご紹介しましょう。
  • とにかく現金を借りたい
  • 今すぐ現金が必要な方にはこれ!
  • え…カードローンで現金借りる?
  • 在籍確認なし!即日で簡単現金化
いずれもアフィリエイターさんが出稿している内容で、現金化と書いておきながら実際は消費者金融への誘導など、クレジットカード現金化をやり玉として挙げやすいことで、こうして報酬を得ている様子が分かるのではないでしょうか。

本よりも手軽に情報を手に入れられるネットの世界は、こうした広告に支配されていると言っても過言では無く、目で見るモノすべてが人間によって作り出されていると考えると、ネットに浸かってしまうことは洗脳されている感覚に近いのです。