クレジットカード現金化は安心安全!?

クレジットカード現金化は安全なのか?

クレジットカード現金化は安心して使える?

 

クレジットカード現金化は利用したその日のうちに現金が作れるということで、お金が急に必要になったけれどどこからも借りれないという場合には、いざというときでも安心できる金策ではあります。

 

なぜすぐに現金が作れるかというと、クレジットカード現金化は借金をするときのような審査が必要ないからです。

 

クレジットカード現金化をするときに必要な条件としては、クレジットカードで買い物ができればいい、というだけなので、年収が〜職が〜という面倒な審査はいっさいありません。

 

しかしながら、クレジットカード現金化は完全に安心して利用できるサービスかというと、そういうわけにもいかないのが現状です

 

クレジットカード現金化は、そもそもクレジットカード会社との利用規約違反なので、利用していることがクレジットカード会社に把握されてしまうとクレジットカードが利用停止になってしまいます。

 

なぜクレジットカード現金化が利用規約違反になるかというと、クレジットカード会社としてはクレジットカードを安全に使ってもらうためでもあります。

 

クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者と呼ばれる業者が存在し、悪徳業者は利用者を騙してクレジットカード決済をさせたり、クレジットカード情報を不正に利用したりと、悪質な行為を行います。

 

また、クレジットカード現金化で発生したクレジットカードの支払いができなくなるケースもあり、こうなると多重債務を背負ってしまう危険性もあります。

 

このように、クレジットカード現金化を利用すると何かとトラブルが多くなり、クレジットカードを安全に使うことができないことを予測して、クレジットカード現金化を利用規約違反行為としているのです

 

しかし、利用するな、というのは簡単ですが、お金に困っている人がクレジットカード現金化を利用せずに問題を解決することは簡単ではありません。

 

お金のことに関して言えば、人は即座に現金を手に入れることでしか安心できませんので、即効性のある金策といえばクレジットカード現金化がぴったりということになるでしょう。

 

クレジットカード現金化では、クレジットカード情報が流出してしまうかもしれないので安全ではない、というならば、普段何気なく使うクレジットカード決済においても情報が流出してしまうリスクはあるでしょう。

 

現に、国ですら国民の年金情報を流出させてしまう時代ではありますので、どのようなサービスにも完全に安心安全などとは言えない世の中ではあります。

 

要は、自分自身の危機意識の問題であり、クレジットカード現金化は即座に危険かというと、完全に危険なものであるならばクレジットカード現金化業者などはとうに存在していないはずではあります。

 

クレジットカード現金化業者が存在するのは、クレジットカード現金化を安全に、かつ安心して利用できるようにするために存在しています。

 

クレジットカード現金化には自分で行う方法と業者を利用する方法がありますが、自分で行おうとする際はどうしてもクレジットカード会社にクレジットカード現金化をしていることが把握されやすい取引をすることになってしまいます。

 

これはなぜかというと、自分でクレジットカード現金化を行う際に購入する商品は現金に換えやすいものを購入しなければならないからです。

 

クレジットカード現金化の昔からの手法として、新幹線のチケットをクレジットカードで購入してそれを換金するという方法がありますが、この方法はすでにクレジットカード会社から目を付けれられやすい方法として、クレジットカードが利用停止になる危険性が高い取引となり、クレジットカードを安全に使うという点では利用者にとって不都合が多くなる手法ではあります。

 

その点、クレジットカード現金化業者であればクレジットカード会社に利用を把握される取引を避け、クレジットカードが利用停止になることもなく、安心してクレジットカード現金化ができるというメリットがあるのです。

 

また、クレジットカード現金化業者では利用者の個人情報を厳重に管理しているという点でも安心して利用できます。

 

クレジットカード現金化というサービスは社会的にグレーとされていますが、それ故に業者の注意意識も高く、特に摘発を受けているクレジットカード現金化業者が現れてからは法に触れないよう細心の注意を払っている業者がほとんどではあります。

 

クレジットカード現金化業者としては、何かトラブルが起これば営業が続けられなくなるとして、利用者の個人情報の取り扱いについては一般企業以上の配慮がなされているので、安心安全ということではあるのです。

 

しかしながら、それでも悪徳業者の存在は確認されており、これが「クレジットカード現金化は安心して使えない」という理由にすらなっています。

 

クレジットカード現金化を安全安心に利用するためには、クレジットカード現金化優良業者を利用することが第一ですので、そのためにも業者の比較ということが大切にはなってきます。

 

実際に申し込みをして話を聞くことで、安全安心に利用できるクレジットカード現金化業者なのかを見極めることが必要です。

 

安心安全なクレジットカード現金化業者ランキング

 

ギフトクレジットはクレジットカード現金化業者の中でも老舗とされていますが、業界では老舗の利用が安心安全であると言われます。

 

老舗ということはトラブルなどの問題がなく営業を続けているということであり、まさにギフトクレジットは長年に渡ってトラブルが起きていないという点で安心して利用ができる業者であることは間違いありません。

 

もちろん、ギフトクレジットを使ってクレジットカードが止まってしまうようなこともありませんし、リスクに関する対策もしっかりと説明してくれるために、安全にクレジットカード現金化できます。

現金化のらいふは業界では老舗ではないものの、安心安全をモットーに営業をしているクレジットカード現金化業者です。

 

老舗の利用が安心安全といわれる業界ですが、現金化のらいふの利用は老舗並みに安心して利用が可能になっており、それは利用者の数が年々増えているということで証明されています。

 

新しく出てくる業者はホームページに大々的に営業年数を書いているところが多いですが、それは老舗を装うためであり、実はできたばかりという業者もいます。

 

そういう業者に限ってリスクなどの説明をしてくれませんが、現金化のらいふではリスクを話した上で利用するかどうかという確認をしてくれるために、利用者目線での営業を行っていることが伺えます。

 

ゴールドラッシュは安心安全にクレジットカード現金化できるだけでなく、換金率が高いことが魅力的な業者です。

 

クレジットカード現金化では換金率が高いと危険性が高い取引をすることになりやすくありますが、ゴールドラッシュでは換金率が高いことと安全性を同時に実現するクレジットカード現金化業者であるといえます。

 

ゴールドラッシュは換金率が高いので業界の中でも人気な業者ですが、利用者が多いということは入金も確実にされているということであり、悪徳業者ではないという判断ができるために安心して利用ができる業者です。

 

「安心安全にクレジットカード現金化がしたいけど、換金率も気にしたい・・・」ということであれば、ゴールドラッシュに申し込みをするといいでしょう。

 

 

クレジットカード現金化、その後は…何を考えていますか?

 

消費者庁も日本クレジットカード協会もクレジットカード現金化は利用しないでね、と主張しています。

 

そんな中で換金を希望している方は、少なからずこの行為についてある程度のリスクを見込んでいるのではないでしょうか?そもそも頼れるところが無いからクレジットカード現金化を選ばざるを得ないというのが実情でしょう。

 

しかしクレジットカード現金化を直接規制した内容の法律は存在していないことはあまり知られておらず、違法というキーワードが併せて検索されているようですが、確かに換金の仕組みを悪用した出資法違反での事件は過去にありました。

キャッシュバック式

日本で初めて逮捕された経営者が採用していた換金方式ですが、商品を購入者が選ぶ余地が無かったことと価値の無い商品を購入させていた事が手口として紹介されていました。

買取式

古物商許可を得ている業者、貸金業営業許可を受けた業者が逮捕された事件では、同様に商品の選択の余地は無く、その場で買取を行い、正規業者であれば行っているであろう査定が行っていなかったという手口でありました。

どちらも主流の換金方法ですが、違法性を問われる仕組みは換金方法のプロセスが合法であるか否かがポイントになっており、現在営業を続けられているという背景には裏があるのです。

 

しかしそれを立証するためには実際に申し込みをして体験するしかなく、大抵の店員は詳細を話すことは方針上で制限されているようです。

 

それでも比較サイトで掲載されているクレジットカード現金化業者は、換金率等は度外視して単純に違法性について考えた時にはクリアされているということでしょう。

 

保証するものはありませんが、比較サイト運営者も換金方法についてある程度の知識があるでしょうし、あまりにも評判が悪い業者を掲載することはサイト自体も叩かれて当然であり、実際に悪い評判を受ける業者の多くが圏外に位置付けられています。

 

それでも元々引き出すことのできない与信枠でどうにかなるのであれば、願っても無い話でしょう。

 

もちろん無知ながら自分自身で換金を試みる事で利用停止になる位であれば、業者へ申し込みをした方がリスクを減らせるという印象は少なからずあります。

心構えが必要とされるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、キャッシュバック方式や買取方式など大きくは2つの方法が有るとされています。

 

他にもニッチなところではキャンセル式と言う名の仕組みも有りますが、いずれにしてもお金を手にした後は必ず請求明細に従って返済しなければなりません。

 

ただ、返済は換金を仲介した業者に対してでは無くクレジットカード会社が相手なるので、無理な取り立てや違法な取り立てなどは存在しないものと考えて間違いは無いでしょう。

 

しかし、当然それ相応の請求の催促はされるコトになりますので、踏み倒す気で換金する位なら自己破産をオススメします。

 

クレジットカード現金化の前に支払方法を知っておく

 

支払方法には3通りが考えられ、一括払い・リボ払い・分割払いです。

 

一括払いは、一番よく利用する方法で、次の支払日にまとめて支払いを行うもので、発行元に対する金利や手数料も0%で利用できますので、最もこちらを選択する事を最優先に物事を考えてください。

 

割賦払いを選択する事は発行元に対して利益を与える事ですので、何かとポイント優遇キャンペーンなどで利用を促しているプロモーションが有りますが、そんなことに騙されてはいけません!逆手にとって利点を得る事に執着すればいいのですから、支払時期を一か月以上延ばせることを一番の利点として考えてください。

 

分割払いは支払回数を指定でき、2回払いはお店次第の対応ですが手数料が無料です。

 

支払回数が一定数を数えますと金利が高く、支払う利息が増えるデメリットがありますが、一方で同じ割賦払いに属するリボ払いは、毎月一定額の支払いを続ける方法です。

 

利用額の多い少ないに関わらず、毎月の支払額が一定のため、負担が少ない返済方法とされています・・・が、金利が高く支払回数を重ねる原因となります。

 

これらの返済方法を駆使して、クレジットカード現金化の後も支払いを乗り切っていきましょう。

 

クレジットカード現金化で利用されるのはどの支払方法?

 

クレジットカード現金化は銀行営業日であれば、審査も不要で簡単に入金され、速いところでは5分以内に入金と謳うところもあります。

 

しかし、多くは10分から1時間といった形で必ず条件付です。

 

条件付の理由は、お手持ちの銀行口座がネット銀行か従来の都銀、地銀であるかによって営業時間に違いからですが、ネット銀行を持っていると、即時対応で受け付ける業者もあるようです。

 

支払い方法は各々の状況から判断をする事になりますので、一概には言えないでしょう。

 

割賦払いを選択したとしましても、逆に先にまとまったお金が入ることが分かっているなら繰り上げ返済をしてください。

 

お金が出来たら使わないうちに繰り上げをするのが、節制の基本ですからね。

 

気になるクレジットカード現金化の平均利用金額は?

 

クレジットカード現金化で利用する金額も様々で、用途やショッピング枠の残高に左右されます。

 

10万円程度なら家賃の支払い、結婚式のご祝儀が想像できますよね?現金が必要な場合によく悩む金額です。

 

いずれにしてもクレジットカード現金化をする事で避けられない支払期日について考えますと、正規の貸金業者を利用する方が真っ当な考え方であることは明らかではないでしょうか?支払いを終える事が最終目標として利用しましょう。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化の前に、お金を借りた後の返済方法を知っておきましょう。

 

支払い方法の甲乙は誰もが指図するものでは有りませんので、金利や手数料を節約しながら毎月支払える金額を返済していきます。

クレジットカード現金化を検討している方のほとんどが「今お金が必要!」という状況なのではないでしょうか。

 

しかしながら、通常の借り入れには審査がありますし、その審査に落ちてしまう可能性もありますが、クレジットカード現金化であれば本人確認のみで利用することができるのです。

 

通常の借り入れは審査でいろいろ調べられる

 

通常借り入れとなってくるとカードローンやキャッシングを思い浮かべると思いますが、しかしながら、これらの借り入れ方法というのは審査があります。

 

それもちょっとした審査ではなく、会社の在籍確認はもちろん、収入証明、返済履歴・・・いろいろなことを調べられることになり、こういったものを調べた上で、貸し付けるかを判断していくのです。

 

逆にいえば、仕事をしていない方、収入がまったくない方、過去の返済で延滞してしまった方、ブラックリストに載っている方などは借り入れができないのです。

 

借り入れというのはまさにお金に困っているときに使うものですが、しかしながら、その審査のせいで借り入れを利用することができないという方も多く、そういった方にとって、クレジットカード現金化というのは本当にありがたい金策であることが考えられます。

 

クレジットカード現金化であれば本人確認ができれば利用できる

 

クレジットカード現金化の場合、本人がクレジットカードを持っていて、申し込みをしているのがその本人であるという確認さえできれば利用できるのです。

 

会社の在籍確認や収入証明、返済履歴といったものを調べられることもありませんので、そのため、仕事をしていない方、収入がまったくない方、過去の返済で延滞してしまった方、ブラックリストに載っている方など通常の借り入れでは断られてしまうような方でも、安心してクレジットカード現金化を利用することができるのです。

 

クレジットカード現金化においては一般的な借り入れのときのような煩わしい審査はなく、本人のクレジットカードで、申し込みをしているのが本人であると確認できればOKなのです。
手続きにおいては本人確認も含めて、初めての利用でも最短で30分ほどでできてしまうくらい簡単で早い金策です。

 

急ぎで現金が欲しい、しかし借金の審査に通らないことが事前にわかっているならば、クレジットカード現金化を利用すれば、本人確認のみで現金がすぐに手に入るでしょう。

 

収入も資産もなく、経済的にどうしても困ったというときでも、日本においては生活保護というセーフティネットがあります。

 

生活保護はその名の通り、健康で文化的な、最低限の生活を国が保証してくれる制度です。

 

働けずに収入がない人でも無償でお金を支給してくれるということでなんとも有難いサービスですが、そのお金は税金で賄われているために、特にお金に関することでは制限があります。

 

一般的に生活保護を受ける人は新たに借金ができませんし、なおかつ、生活保護費をいままでの借金の返済に充てることもできません。

 

同じことですが、クレジットカードの利用も認められてはいません。生活保護を受けている状態で新規にクレジットカードの申し込みをしたとしても審査は通りません。

 

しかし、一部の生活保護を受けている人で、クレジットカードを使えるという人もいます。

 

これはどういうことかというと、生活保護を受ける前に作ったクレジットカードをそのまま利用しているということです。

 

クレジットカード現金化比較サイトの中には、生活保護でもクレジットカード現金化を利用することができると書いているのはこういった背景があるからでしょう。

 

私の見解から言えば、生活保護を受けている人がクレジットカード現金化を考えているならば、即刻止めたほうがいいでしょう。

 

というよりも、クレジットカードの利用自体止めたほうがいいと言えます。

 

生活保護を受けていながらクレジットカードを利用していたことが判明すれば、生活保護を打ち切られます。

 

ましてやクレジットカード現金化を利用したということになれば、クレジットカードで収入を得ていたとされ、生活保護を打ち切られ、さらにクレジットカード会社に通報されると詐欺行為とみなされ、支払残高の弁済を余儀なくされるかもしれません。

 

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する行為なので、自己破産すらできなくなります。

 

働くことができないのに生活保護を打ち切られ、さらに自己破産もできないとなると、本当の終わりを迎えるしかなくなってしまいます。

 

今、生活保護を受けていながらクレジットカードを保有している人は、即刻クレジットカードを解約する手続きをしましょう。

 

生活保護を受けているのならば、それは国が、つまり私たちが払った血税で暮らしているということです。くれぐれもその税金が無駄になるような行いはしないようにしてほしい限りです。

昨今、貧困層をターゲットにした『貧困ビジネス』が問題視されています。

 

貧困ビジネスとは、経済的に困っている貧困層・社会的に弱い立場にいる人々に向けたビジネスのことを指し、その問題点として、社会的に弱い立場にある人たちを支えることを謳いながら、その人々を食い物にして貧困に留めておく仕組みであるということです。

 

今最も問題視されているのが、ホームレスに生活保護を受けさせ用意した宿泊施設に囲い、生活保護費のほとんどを施設の料金として巻き上げるというビジネスです。

 

生活保護は弱者の自立支援を助けるものであるはずが、お金だけを巻き上げて自立できないよう貧困に留めておくことに利用されてしまっています。

 

この貧困層を食い物にする貧困ビジネスは、様々な方法で手段が巧妙化し、問題が拡大しています。

 

クレジットカード現金化も貧困ビジネスの1つと言えるでしょう。

 

本来であれば買い物専用の枠であるショッピング枠を現金に換えるクレジットカード現金化ですが、貧困層がクレジットカード現金化を利用するとなると、更に貧困を招くきっかけになってしまいます。

 

たとえ消費者金融からお金を借りることができなくても、クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠さえあれば、審査もなく手軽に現金が手に入ります。

 

しかし、業者がとる手数料は金利に換算すると消費者金融の何倍という金額になってしまいます。

 

また手軽に現金が手に入る気安さから、必要以上に利用してしまうことが考えられます。

 

本来であればクレジットカードで買えるものを、クレジットカード現金化して現金で支払ってしまう人もいるくらいです。

 

最近ではクレジットカード現金化業者の中に、ヤミ金と一緒になった悪徳業者がいます。

 

貧困層にヤミ金を利用させ、返せないようになるとクレジットカードを作らせてクレジットカード現金化を利用させるという仕組みで弱者からお金を搾取しているのです。

 

日本は今、格差社会の一途をたどっています。その中で、貧困ビジネスは更に拡大していくことが予想されます。

 

現段階ではクレジットカード現金化業者の悪徳業者はまだそこまで多くはありませんが、この貧困ビジネスに便乗して悪徳業者の数が増えればクレジットカード現金化事態もより悪質なものに変容していくかもしれません。

 

本当に貧困から脱却するには、このような話には乗らず、自分の力でなんとかしようとする意志が必要なのです。

森のギフト
森のギフト Amazonギフト券の現金買取専門店老舗を自ら名乗っておりますが、老舗とは昔から長く続いていて信用があるお店の事を言いますが、Amazonギフト券を用いたクレジットカード現金化の歴史自体が数年であり、しかも当サイトで把握している限りこちらより長く営業している業者は数多くありました。サイトは複数のドメインを所有し、見た目に気を使っているようですが、SEO対策に気を使っているのかブログ形式で運営しています。信用の重要な要素と言える古物営業許可は得ていないようで、老舗の言葉に矛盾を感じざるを得ないのではないでしょうか。
買取率 電話番号 営業時間
94% 0120213355 9:00-21:00
会社名(商号) 森のギフト
住所

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2丁目12-5

事業内容

チケット・金券類の売買
ブランド品(バッグ・時計・宝飾品等)・古着・電化製品(パソコン・デジカメ等)・携帯電話の新品・中古の売買
質屋業

古物営業許可番号 無し

森のギフト.biz(森のギフト)の評価を見る限り印象は良くない

リンク先のコメントを見る限りではサイトの見た目とは裏腹の対応である様子を見る事ができ、比較サイトでプッシュされているような事があれば広告報酬を支払う形で掲載している事が考察されます。

 

このAmazonギフト券Eメールタイプがクレジットカード現金化に用いられ始めたキッカケは、現在のamatenの前身企業が買取業務を行っていたことによるもので、その企業が仲介業を始めたことからクレジットカード現金化業者も買取という体裁でこれまでと異なるマネタイズが可能になったことが大きいとされています。

 

老舗という事ですが公式サイトのドメイン取得年月日は2014年06月19日ですから、これを老舗として名乗ることは比較検討者の目にどのように映るのかは明白です。

換金館
換金館のホームページを見ると、新聞の広告に掲載が決定したり、お金.comの編集長に推奨されたり、余程の優良業者であるかのような記載がみられますが、よくよく考えてみてください。どこの新聞社がクレジットカード現金化業者の広告を載せるのでしょうか。クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約には違反する行為なので、まず新聞の広告には載りません。また『お金.com』とはなんでしょうか。調べてもお金.comというサイトは存在しません。
買取率 電話番号 営業時間
88〜96% 0120900393 9:00-23:00
会社名(商号) 換金館
住所

〒151-0073
東京都渋谷区笹塚

事業内容

チケット・金券類の売買

古物営業許可番号 無し

換金館についての情報はそれほど多くありませんが、そもそもホームページを見ればどんな業者か大体は想像がつくでしょう。

 

特筆して、優良業者であるということはありません。むしろホームページに書いてある新聞の広告だとか3つの無料だとか、ちょっと胡散臭い内容があります。換金率や振り込み時間に関しても正しい情報を書いているわけではないかもしれません。

 

また、サイト内で

換金館は許可を申請しております。(無許可営業の業者にはご注意下さい。)

とありますが、これは何の許可でしょうか?古物営業許可だとすると、古物営業許可番号が記載されていない時点でアウトです。申請中ならば運営すらできません。これは換金館自身に注意しろという皮肉でしょうか。

 

言い方は悪いかもしれませんが、書いてあることが雑すぎます。これを見て安心する人がいると本当に考えているのでしょうか。

 

これを見て換金館を利用するという猛者がいるならば、あとは自己責任でお願いします。