クレジットカード現金化後は…何を考えていますか?

クレジットカード現金化後は…何を考えていますか?

クレジットカード現金化は、キャッシュバック方式や買取方式など大きくは2つの方法が有るとされています。

 

他にもニッチなところではキャンセル式と言う名の仕組みも有りますが、いずれにしてもお金を手にした後は必ず請求明細に従って返済しなければなりません。

 

ただ、返済は換金を仲介した業者に対してでは無くクレジットカード会社が相手なるので、無理な取り立てや違法な取り立てなどは存在しないものと考えて間違いは無いでしょう。

 

しかし、当然それ相応の請求の催促はされるコトになりますので、踏み倒す気で換金する位なら自己破産をオススメします。

 

クレジットカード現金化の前に支払方法を知っておく

 

支払方法には3通りが考えられ、一括払い・リボ払い・分割払いです。

 

一括払いは、一番よく利用する方法で、次の支払日にまとめて支払いを行うもので、発行元に対する金利や手数料も0%で利用できますので、最もこちらを選択する事を最優先に物事を考えてください。

 

割賦払いを選択する事は発行元に対して利益を与える事ですので、何かとポイント優遇キャンペーンなどで利用を促しているプロモーションが有りますが、そんなことに騙されてはいけません!逆手にとって利点を得る事に執着すればいいのですから、支払時期を一か月以上延ばせることを一番の利点として考えてください。

 

分割払いは支払回数を指定でき、2回払いはお店次第の対応ですが手数料が無料です。

 

支払回数が一定数を数えますと金利が高く、支払う利息が増えるデメリットがありますが、一方で同じ割賦払いに属するリボ払いは、毎月一定額の支払いを続ける方法です。

 

利用額の多い少ないに関わらず、毎月の支払額が一定のため、負担が少ない返済方法とされています・・・が、金利が高く支払回数を重ねる原因となります。

 

これらの返済方法を駆使して、クレジットカード現金化の後も支払いを乗り切っていきましょう。

 

クレジットカード現金化で利用されるのはどの支払方法?

 

クレジットカード現金化は銀行営業日であれば、審査も不要で簡単に入金され、速いところでは5分以内に入金と謳うところもあります。

 

しかし、多くは10分から1時間といった形で必ず条件付です。

 

条件付の理由は、お手持ちの銀行口座がネット銀行か従来の都銀、地銀であるかによって営業時間に違いからですが、ネット銀行を持っていると、即時対応で受け付ける業者もあるようです。

 

支払い方法は各々の状況から判断をする事になりますので、一概には言えないでしょう。

 

割賦払いを選択したとしましても、逆に先にまとまったお金が入ることが分かっているなら繰り上げ返済をしてください。

 

お金が出来たら使わないうちに繰り上げをするのが、節制の基本ですからね。

 

気になるクレジットカード現金化の平均利用金額は?

 

クレジットカード現金化で利用する金額も様々で、用途やショッピング枠の残高に左右されます。

 

10万円程度なら家賃の支払い、結婚式のご祝儀が想像できますよね?現金が必要な場合によく悩む金額です。

 

いずれにしてもクレジットカード現金化をする事で避けられない支払期日について考えますと、正規の貸金業者を利用する方が真っ当な考え方であることは明らかではないでしょうか?支払いを終える事が最終目標として利用しましょう。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化の前に、お金を借りた後の返済方法を知っておきましょう。

 

支払い方法の甲乙は誰もが指図するものでは有りませんので、金利や手数料を節約しながら毎月支払える金額を返済していきます。

クレジットカード現金化業者を幾つか閲覧してみると、一見では分かりにくいのですが、実は他社と瓜二つ、パクっていると思われる内容や、ところどころPR文に独自性を記述している事があります。

 

表題のように、例えば女性専用申込みフォーム、法人専用申込みフォーム、即日プランや1weekプランなど、様々な利用条件を用意しているとするお店も有りますので、もし女性であればこのように明らかに優遇してくれそうなところの方が興味を引くと思います。

 

しかしこれが盲点なんです。

 

ショッピング枠は男女差別無く与えられているものであり、商品購入時に男の人だから割引します〜、女の人だから割引します〜、というようなコトは有りませんよね?つまり、男女の性別の違いによって変わる取引内容では無いので、こうした業者は換金率を下げる為の言い訳として利用している可能性を疑う事を当サイトではオススメします。

 

女性専用プランに特化しているお店に、良さそうだからと男性が申込みをすると、「男性なので換金率は●●%」になります、などのように元々女性相手にしか換金していないという前置きが有りますので、男性客に対しては接客対応を強く出来る、と考える事が出来ます。

 

そんな中でも法人名義のクレジットカードを利用する際には、なぜか法人だけ「プレミアムプラン」と称して専用フォームが設けられている業者も有ります。

 

これについて考察しますと、個人よりも法人の方が経費の支払いを加味すること、業績などの観点から、比較的上限金額が高く設定されている傾向に有るからです。

 

法人名義であれば、金額の大小に関わらずプレミアムな扱い・・・おそらく換金した決済金額を経費計上することにより、節税にもなると謳っているようで、当然そのような使い方であれば一回や二回の利用では済まないでしょうし、法人は金融機関からの借り入れも難しいですから、個人の換金について問題視されていますが、以外にも法人名義でクレジットカード現金化をしている人も0人ではないでしょう。

 

これら全て一例に過ぎないのですが、他にもAmazonギフト券を買取するプランと従来の買取方法で換金をしている業者もあるなど、全てが同じ仕組みでクレジットカード現金化がなされているわけでは無いという事がうかがえます。

 

どうせ利用するのであれば、こうした紛らわしい戦略を企てている業者よりも、誰にでも良い条件でサービス展開しているところの方がよっぽど親切ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/23 16:33:23
検索結果の表示の仕組みについては、今現在一人一台は所有している情報通信端末の普及によって周知されつつあると思います。

検索エンジンの大手としては、世界シェアにおいてもgoogleとyahooの二強となっており、いずれにしても検索結果最上部にお金を払うと意図的に表示する事が出来る広告枠が設定されています。

これは普段皆様が無料で利用できている背景として、広告枠を販売する事によってそれぞれの会社が収益を上げて運営されておりますので、一切の広告表示がされずに検索できることは、ボランティアや国が運営しているワケでは有りませんので不可能です。

しかし、誰もが掲載できる仕組みということでも無く、入札制度によって公平な機会が与えられているという設定ですが、単純に単価を吊り上げることも出来ますので結局のところ資金勝負となっています。

露出された際には、利用者に見てもらおうとあの手この手でタイトルや説明文を試行錯誤しています。

クレジットカード現金化関連における広告表示につきましては、まだ逮捕者の前例が無く規制の及んでいない「Amazonギフト券現金化」さらには貸金業者への申込みを促すアフィリエイターが出稿していることが確認されます。

どちらも掲載に関わる費用を支払ってでも黒字に転化する事が出来るから掲載しているのであって、掲載する事で赤字になるのであれば掲載するはずもありません。

その為、いかに利用者を誘導させるかに尽力している様子を想像しますと、むしろ我々消費者はこうした広告に騙されることなくスルーする必要があります。

特にこの広告枠は今でこそ、広告であるという周知がされていますが、一昔前まではその枠さえも検索結果であるかのように認識していた方が多かったはずです。

それでは、甘いタイトルの実例を幾つか下記にご紹介しましょう。
  • とにかく現金を借りたい
  • 今すぐ現金が必要な方にはこれ!
  • え…カードローンで現金借りる?
  • 在籍確認なし!即日で簡単現金化
いずれもアフィリエイターさんが出稿している内容で、現金化と書いておきながら実際は消費者金融への誘導など、クレジットカード現金化をやり玉として挙げやすいことで、こうして報酬を得ている様子が分かるのではないでしょうか。

本よりも手軽に情報を手に入れられるネットの世界は、こうした広告に支配されていると言っても過言では無く、目で見るモノすべてが人間によって作り出されていると考えると、ネットに浸かってしまうことは洗脳されている感覚に近いのです。
続きを読む≫ 2015/11/23 15:15:23

最近よく目にするクレジットカード現金化の悪意ある比較サイトの中には、広告枠を増産し利鞘を稼ぐために構図を工夫している傾向にあります。

 

作り込み方は各々で異なりますが、最もいやらしい形は複数のランキング項目を作ってそれに該当する業者はこちら!という具合に、同比較サイトの中にランキング1位が入り乱れているという具合です。

 

これだけではピンと来るはずも有りませんので、そのランキング項目について下記に例を挙げます。

  • 換金率ランキング
  • 換金率は良いけど安心できないということですかね?

     

  • 安心ランキング
  • 安心の定義って何でしょう・・。

     

  • スピードランキング
  • 対して変わりは無いはず・・・。

     

  • 口コミランキング
  • どこの口コミ?投稿するところないですよ・・・。

     

  • 実績ランキング
  • 何の実績でしょう・・・。

     

  • オススメランキング
  • 総合評価でしょうか?

     

  • 満足ランキング
  • そろそろネタ切れですかね・・・。

     

  • リピートランキング
  • 統計データを抜いているのでしょうか?

このように、出来るだけ数多くの業者から広告費を得るために、何の根拠も無い項目を作成し、ページ内で掲載しているのが実体です。

 

それを裏付けるかのように、どの項目に置きましても必ず1社ずつが掲載されており、その他の項目では1位がとれない、つまり1枠1社になっているのです。

 

比較サイトで掲載料を募って運営されているところがWEB上で確認出来ますが、掲載料金は大なり小なり有りまして、間を取って10万円前後が相場でしょうか?そのように考えてみますと、上記に挙げた某比較サイトは推測した値段だけでも80万円程の報酬を受け取っていると推測出来ます。

 

しかも掲載するスペースは作れば作るほど売上になっているのですから、実際はそれ以上の値段だと思われます。

 

それだけで無く、それ以外のクレジットカード現金化に関するコンテンツが一番知りたいのに、SEO対策の為か内部リンクを量産して非常に見えにくいページとなっております。

 

内容も只々メリットを並べているだけで、リスクに関する記述を一切しない事も一つの特徴であり、こうした中身の無い消費者目線のコンテンツが無く無益です。

 

検索順位で上位表示されている比較サイトやページが情報の全てでは有りませんので、なるべく多くの情報に触れていただきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/11/22 17:38:22

ショッピング枠と本人名義であれば利用できる、そんな売り文句でアピールされているクレジットカード現金化という金策方法ですが、特に若い人ほどお金が無い今の時代ですから、検討する方も0%ではないでしょう。

 

実際に、「クレジットカード現金化 未成年」と検索エンジンにて調べてみると、やはり出ました。

 

未成年者に向けて、ここなら換金できると促す悪質な比較サイトの存在です。

 

何でも未成年者でもお金が借りれる、ということなのですが、業者は貸金業者としての免許制度に加盟しておりませんので、紹介すると致しましても言葉の弊害が発生しており、サービスを紹介するにしても余りにもミスリードに誘い込む意図が見え見えです。

 

さらに、クレジットカード現金化ならば金策の可能性が有るとし、とりあえず申込みする事をオススメしているようですが、こうした比較サイトの運営者は比較検討者が申込みを行う事で広告報酬が発生いたしますので、実際に換金出来ようが出来まいが関係無いのです。

 

それで無責任にもクレジットカード現金化はお金を借りるところ、未成年や学生でも大丈夫という認識を持ってしまう内容で紹介しているのです。

 

未成年と言いますと、多数の割合で学生かと思われますが、学生で無くて働いているとしても、いずれにしても低収入で有る事に疑いの余地は有りません。

 

ましてや法律的にも20歳未満は少年少女として過保護に扱われますので、下手に問題が起こると責任の所在は当人よりも保護者が対応する事になります。

 

クレジットカード現金化におきましては買取方式であれば、古物営業法に基づきまして原則的に20歳未満の方は収入の有無に関わらず保護者の同意が確認出来ない限り、取引が認められる事は有りません。

 

逆に言えば同意さえ得られれば、例え未成年者でも利用できると考えられますが、多くの場合で業者より利用を断られるとされています。

 

高額なショッピング枠が設定されている事はないでしょうが、考えが幼いと若くして人生を棒に振ってしまう恐れが有る事を、もし未成年者でご覧になっている方はよく考えていただきたいと思います。

 

若干齢で金銭で悩むとするのであれば学費関係や親には相談できずにいる悩み事でしょうか?裕福な家庭ならば良かったのかもしれませんが、生まれる世帯を選べることは出来ませんし、いよいよ現実社会に触れる時がやってきたのです。

 

いずれにしても時間が解決してくれることも有りますし、何事も背伸びせずに身の丈にあった生活をする、我慢の時であると感じてください。

続きを読む≫ 2015/11/22 15:52:22

世の中にある情報は、人々の行動から生まれたことによって全ての事象が起こります。

 

生ある生き物はそうして進化を続けているのですが、ありとあらゆるサービスや考え方も人間が全て生み出した事・・・自分たちと同じ人間が作り出したと考えますと、誰もがそれを生み出す可能性があります。

 

・・・大分壮大なお話しになるところでしたが話しを戻しまして、クレジットカード現金化に関する情報も同様に言え、誰がどのような意図で発信しているのか分かりにくい事が、悪徳業者への申込みに繋がっていると当サイトでは考えています。

 

特に誰もが書き込みが出来る掲示板やQ&Aサイトでのステマ活動は激しく、無料で宣伝活動が出来るとして積極的になされていますが、ときたま事情通の方なのか分かりませんが非難したり、削除の要請をするなどしているようですが、一向にそのペースが落ちる事はありません。

 

そしてそれに騙されてしまったのか利用後の口コミと思われる投稿には、やはりそれ相応の対応で有ったことをうかがわせる書き込みが口コミサイトで投稿を確認出来ます。

 

その多くは適当に作られたアカウント名で、まさにそれが削除されても良いと開き直っているようにアカウントを増産し、繰り返し同じ称賛の質問と回答を行っているようで、そうした活動の影響からyahoo知恵袋では一時期URLの投稿を禁止した時期が有るくらいです。

 

業者のページにも取引の説明について記載していますが、まだ経験したことの無い方が気付くことは難しいですが、一回でも換金した事のある方からすると説明が足りないのではないかと感じるはずです。

 

だからこそ比較サイトでの情報収集が優良店を見つける為の必須行動となりますので、比較サイトに掲載されている内容は「全て正しい」と思い込みがち。

 

情報を発信している相手も人間なのですから、こうした情報は参考程度に理解し気になったお店で情報と実際の対応について照会すると、どちらが言っている事が信じられるのか、簡単に判断する事が出来るはずです。

 

中には未成年者や学生、無職や高齢者に対してオススメしている比較サイトがありますが、そんな社会的弱者にサービスをオススメしている方は、真面ではありません。

 

報酬を目的としている可能性が十分に有りますし、不安な事ばかり考えますと到底換金する事自体を敬遠したくもなると思いますが、その通り、利用しないでも良い選択があるのであれば、間違いなく申込みはしないでください。

続きを読む≫ 2015/11/20 14:51:20

買取式クレジットカード現金化には十分にご注意していただく必要が有りますが、もし普段からこの形式で換金されている方もこれから利用を検討していた方も要チェックな内容です。

 

商品を買取、買取したものを売り捌くことについては、古物商許可証という公安委員会が発行する許可を得る必要が有り、これ無しには古物業を営むことは出来ないとされ、古物営業法という法律に違反することになります。

 

特に、この業種は各都道府県の公安委員会で管轄されていますので、こうした商売自体がコンビニのようにあちらこちらで営業しているワケではありませんから、地域に根付いた形で業界内のでの強い繋がりが有るようで、定期的に講習会や組合を作っているようです。

 

さらに、その地域でのボス的な存在の古物商もおり、そのように認められている業者は台帳の販売をする事も許されているようです。

 

様々な周りの目がこのように有る中で、クレジットカード現金化の取引方法として古物営業を取り入れているとされる業者は、無店舗・実店舗に関わらず用いられているようですが、肝心の許可番号を掲載している業者は全てでは無い事が確認出来ます。

 

特に実店舗型は許可番号の記載をする傾向にありますが、無店舗で特化している業者は問合せ上では買取の手続きをするものと言いましても、番号の記載が無かったり、ネットに特化して営業する為に必要なURLの申請も行っていないのか、公式ページにおける検索結果項目では該当なしと出る事が多々あります。

 

おそらく、許可番号を取得しただけでそれに伴う所定手続きをサボっているのか、もしくは申請したくない事由がある、これのどちらか、もしくはどちらも該当するから行わない事が推測されます。

 

WEB上で許可番号を掲載すると言う事は、番号はあくまで一営業所に対して一つ発行されますので、掲載する事によって業者の詳細を調べる事が出来るのですが、一つの許可番号を使い回し、Amazonギフト券の買取や市場を開く業者も存在し、恐らくは古物営業法に抵触している恐れが非常に高いと感じます。

 

買取を行う業者が適切に処理をしていなければ、もちろん振込が無かったとすればその追求をする事は出来ませんし、業者の意図的な掲載をしないという選択肢の裏側を予測しますと疾しい事があるのではないかと疑念が止まる事はありません。

 

それが何かは分かるモノでは有りませんが、買取の仕組みなのに古物営業に関する記載事項が無い業者につきましては、違法業者である可能性について危惧されるコトは間違いありません。

続きを読む≫ 2015/11/20 12:49:20

クレジットカード現金化と検索しますと、注意してくださいと喚起している比較サイトや、サービスを絶賛している比較サイト、業者のページやAmazonギフト券現金化のリスティングに換金市場のページなどど・・・入り乱れていますね。

 

当サイトでは、違法性について論議されている意見もありますが、最近強盗が入ったクレジットカード現金化業者の事件が有りましたが、その中で強盗犯は逮捕されたものの、今現在も堂々と実店舗、ネット上で営業している事を確認しておりますので、違法だとするならばその時点でまとめて逮捕する都合の良いキッカケだったはずですが、「業者は逮捕されなかった」という既成事実があります。

 

この事件はテレビのニュースでも報じられたのですが、まさかクレジットカード現金化業者に強盗が入って店員は逮捕されなかったと言う事で、報道側も都合が悪いと感じたのでしょうか?クレジットカード現金化業者とは表記せずに、「金券ショップ」と報道していました。

 

しかし、映像にはハッキリとクレジットカード現金化の文字が・・・(笑)テレビの情報操作って21世紀に入ってからもあるんだな、とつくづく感じた出来事でした。

 

・・・ということで、違法で無いからこそ中立的な考えを持って良い事も悪い事も有ると感じるこの換金方法ですが、基本的にこのサービスをオススメする事は無いのですが、乱立する情報を精査していただくために、よくあるメリットについて下記にまとめました。

  • 信用情報機関への照会は無い
  • 現在借入しているとしても、関係なく換金が出来るとされています。

     

  • 在籍確認は無い
  • 貸金業者特有のあの電話が来ませんので、同僚や上司、部下にバレる事はありません。

     

  • 取引は合法的に行われている
  • これは注意していただきたいのですが、業者が取り入れいている取引内容に依るそうです。

     

  • 業者が逮捕されるコトはあっても利用者はこれまで逮捕されていない
  • なぜかいつも業者だけであり、同意の上で換金した利用者については話題がありません。

利用する分には手数料を飲めば問題無さそうな感じもありますが、これはあくまで利用した金額をしっかり支払えるコトが前提でのメリットであり、換金して支払いが出来ませんでした〜では、立派なブラックリストへの仲間入りです。

 

しかも、その請求が無くなることはありませんし、延滞した上に割賦払いを選択しているとしても、会員規約を守れていないのですが容赦なく一括払いでの返済、並びに利用停止処分も覚悟してください。

続きを読む≫ 2015/11/20 12:11:20

この金策方法を一番最初に考えた人って本当に賢い人だったと思いませんか?今現在は法律についての見識がネットで広がったコトであらゆるサービスに一定のガイドラインが定められておりますが、ネットが無い環境の中でクレジットカード現金化が行われているのですからよく考えたものだと感じます。

 

クレジットカードを利用しない方法で、様々な名目で得る収入を換金する文化はもともと存在し、政治家の方々の政務活動費を切手や収入印紙など高換金率の品物を大量買いし、金券ショップに持っていくという手口は、野々村元県議を発端として有名になりましたね。

 

換金、またの名をロンダリングといってもいいでしょう。

 

第三者を仲介させる事で、お金の名目が変わる、それを仲介する業者はあくまで横流しして商売をしているだけですから、双方によて発生されるトラブルの所在は無く、薄利では有りますが非常に良い商売ですね。

 

こうしたコトが背景にあるのか、金券ショップがオフィス街に近い駅前とかに所在しますし、知人に金券ショップを営む方がいますが、こじんまりとした店構えでも売上は億に届くこともあるとか。

 

中抜きの商売ですから、全てが利益では有りませんが需要の高さがうかがえます。

 

しかし、クレジットカード現金化はまた別問題であり、諸事情で他の方法が利用できなくて申込みをしている方が多いようですが、債務を抱える人が年々減ってきている統計が総量規制後において顕著になっており、客層の絶対数が激減していることは明白です。

 

それを確信に感じる理由としては、年々お店の数が確実に減っているからです。

 

サービスはあっても客が居ない、それが年々色濃くなっていると感じます。

 

しかも社会的制裁を受けて、あらゆるメディアでの広告展開が出来ないサービスですから、クレジットカード現金化を知らない方々に対して認識させる事は今の社会では無理難題な話であり、出来たとしても街頭看板くらいしかないでしょう。

 

一方でWEB系広告ではそれが出来ず、元々知っている人間が検索するようなキーワードでSEO対策を施している業者がおりますが、このような事をしないと客が来ない、という何とも業界としての終末を感じます。

 

注意喚起のページが増えて、利用検討者が教育され、知識を付け始めれば悪徳業者がひるんでいく一方です。

 

クレジットカード現金化は無くなっても、何かを換金する仕組みは今後無くなる事はないでしょうが、逆に今しか出来ないと考えることも出来ます。

続きを読む≫ 2015/11/20 11:15:20

利用者の多くは収支バランスが崩壊している方では無いでしょうか?特に上手くお金が回っていれば縁も縁もない業者に依頼する事など、誰も居るはずがありません。

 

それでも換金を求めている方にとって駆け込み寺的な要素を秘めているのでしょうか?特に「鉄は熱いうちに打て」では有りませんが、利用に対して前向きに検討している者にとって、すぐに完結できる仕組みはまさに涎もの。

 

すぐに工面したいという欲求がサービスに対する需要を育んでしまっている影響でしょう・・・。

 

しかし、改正貸金業法の最終施行内容である、"総量規制"後の業界再編の動きにより、金融機関傘下に収まった消費者金融たちは銀行の看板を持って宣伝をしており、総量規制の影響を受けないとしてASP業者を利用しながら直に宣伝できない内容を第三者に委託しています。

 

過剰な売り文句はこうして生まれ利用者を集めているのですが、何も知らない利用検討者はこうした情報を拾い集め、その中からでしか知識の収集が出来ないとなりますと、自己防衛するためには発信者になるくらいの知識を自ら学ぶ必要があります。

 

WEBサービスの多くが知りたい情報を知る為に検索するのですが、それを発信する側も同じ人間です。

 

簡単で便利なWEBの世界も、無料で利用できるコトの弱点と言いますか、いつも金のダシに使われるのは消費者であるコトを理解してください。

 

求める事を辞めると、出費をしなくて済みます…欲求こそが全ての元凶として考えますと、気も引き締まる思いで毎日を過ごす事が出来るのではないでしょうか?いくつか日常生活で削減できるシーンをご紹介しましょう。


家賃を見直す

自宅ですからお金を掛けたい・・・これが先ほどの元凶です。

 

家賃を現在よりも下げて、更新月に負担する金額を考えますと2万円近く下げる事が出来れば可処分所得が大幅に上がります。

ネットを辞める

携帯電話でネットをする事を辞めましょう。

 

私自身も実践しており、月々の支払額は2000円程度ですよ!目にも良くないし人が作り出したコンテンツに群がってもその人たちの利益にしかなりません・・・利己的に考えると要らないです。


このように、共通して言えるのは毎月必ず発生する固定費を低くする事で余裕を生み出すことが出来ます。

 

人によってはそれが我慢・ストレスとして感じるかもしれませんが、お金に困っているくせに何を言っているんだと思いますが。

続きを読む≫ 2015/11/19 19:16:19

昔から換金して現金を用立てる事は珍しい事では無く、江戸時代より誕生した質屋さんでは家財道具のあらゆるものが担保にして消費者は小判を得ていたようです。

 

時は変わり、今でも質屋さんは営業されている歴史ある民間サービスですし、形態を変化させてクレジットカード現金化なるものまで出回る事になりました。

 

当時まだ規制が緩かった時代、インターネットが無く皆公衆電話に並んで電話していたような状況ですが、クレジットカードという概念が日本に入ってきた事により、新幹線の回数券やオレンジカード、ハイウェイカードなど、今は見る事が無くなったタイプの商品券・ギフト券類が換金できるターゲットとしてひそかに取引されていました。

 

それは現代、2015年になってAmazonギフト券が代表的媒介物として認知されるようになったのは、社会情勢や世の中の動向に合わせて運営スタイルを変えているクレジットカード現金化業者の営業努力がどこか感じられます。

 

少なくとも右から左へ受け流すような産業ですから、広告代理店やその他仲介業、貸金業者のようにマージンでご飯を食べている産業に、将来はありません。

 

しかも、あらゆる詐欺の資金決済手段として用いられており、クレジットカード現金化と関係ないところでも問題視されている状況は、各団体・メディアで取り上げられるほどの"社会問題"に発展しています。

 

この背景を後押ししているのが換金を仲介する市場の存在です。

 

誕生はほんの2、3年の話であり、当初は買取を専業としていましたが、次第にAmazonからの注意が入るなど日に日に目立つ存在となり、マーケッターとしての新しい地位を築き上げました。

 

後を追う様にクレジットカード現金化業者の一味が仕組みを真似して数が増えていき、他にもトレーディングカードゲームの売買やyahooオークションで売買していたような法人格を持つ業者が新規参入するなど、市場だけでも時の経過とともに増加傾向にあります。

 

流行る要因と致しましては、Amazonギフト券現金化で逮捕された前例が0件と言う事、トラブルの所在が販売元であるAmazonで対応されることになるため、業者は横流ししているだけでトラブルは知らんふりをする事が出来るから、と当サイトでは推測しています。

 

こうした市場は、表向きは健全な企業であると見せかけておりますが、古物商許可番号から代表者について調べますと、沢山の情報が出てきます。

 

商品が変わってもクレジットカード現金化で有り、背景は色々と有りますので興味本位で利用する事は辞めましょう。

続きを読む≫ 2015/11/19 17:29:19